Japanese Section

【インドネシアン ヘリテイジソサエティ とは?】

インドネシアの豊かな文化的遺産の保護、研究、一般への紹介を主な目的として活動しているボランティア団体です
現在会員数は約600名、約50カ国に上るさまざまな国籍の会員からなり、大部分の活動は英語で行われています。
Indonesian Heritage Societyに約20ある活動グループの中で、私たちはジャパニーズ•スピーキング•セクションに属し、日本語で活動しています。

日本語セクション(ジャパニーズ・スピーキング・セクション)には、スクールプログラムスグループ と博物館ガイドの2つのセクションがあります。

 

博物館ガイドグループ

ジャカルタ国立博物館で毎週火曜と毎月第1土曜の午前10時30分から約1時間、日本語でボランティアガイド(無料・入館料のみ行っています。予約は不要で当日直接博物館ロビーへお越しください。

ジャカルタ国立博物館 

ジャカルタ国立博物館(新館外観)

・住所

Museum Nasional

Jl. Merdeka Barat 12, Jakarta Pusat

・入館料

外国人:Rp.10,000(幼稚園以上)

KITAS保有者:Rp. 5,000

・開館時間
火・水・木曜日 8:00 ~ 16:00

金曜日     8:00 ~ 11:30

13:00 ~ 16:00

土・日曜日   8:00 ~ 17:00

月曜日・祝日  休館

 ・その他

  • 通常ガイド日では日程が合わない場合は、プライベートガイドも行っています。
    ihsmguide@gmail.com までご相談ください。
  • ガイドツアーは、社会情勢、天候等により事前通知なくキャンセルになる場合がありますのでご了承ください。
  • 現在は旧館の一部と新館をご案内しています。 新館4階、宝物室には貴重な国宝級の展示物などの見所があります。

展示品(新館4階 宝物室)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の活動

博物館ガイドグループは、ガイド活動以外にもインドネシア文化に関する講演会や見学会なども行っています。

BIN house でバティックについてのお話会

染織博物館での勉強会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバー募集

現在、私たちは幅広い年齢層のメンバー15人で活動しており、新規メンバーを随時募集中です!予備知識はいりません。子育て中でも大丈夫です。私たちと一緒に博物館ガイド活動をしてみませんか?インドネシアを知り、伝える喜びを一緒に味わい、ジャカルタ生活をより深く、楽しいものにしましょう。

興味をもたれた方は是非、

ご連絡ihsmguide@gmail.com をしていただくか、

または毎週火曜日10時30分博物館へ直接お越しください。

お待ちしています!

博物館ガイドメンバー 旧館(象の銅像前)

新館(ロビー ガムラン前)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スクールプログラムス

日本人学校(JJS)の先生方からの依頼を受けて、私たちが持っているトピックを題材にし、小学生や中学生を対象にパワーポイントや資料を用いながら、インドネシア理解のためのレクチャーを行っています。
スクールプログラムスメンバーにはJJS保護者が比較的多いですが、JJSのボランティアグループではありません。
スクールプログラムスは、日本人学校(JJS)で児童・生徒にインドネシアの文化や自然を紹介しています。

 

 

JJSフェスティバル:カポックを使ったオイルフェンスの実験

オイルフェンスとして利用されているカポック(インドネシアに生息する植物)の実験をしました。JJSの校庭にもあるカポックの不思議な力に、子供達は興味津々。

 

 

小1「いきもの」レクチャー:下見の遠足@ラグナン動物園

いきものレクチャーの前に下見を兼ねて、ラグナン動物園で探検!発見!自分たちの目で見て、感じて、レクチャーに活かします。

 

 

シルバー工房見学

間近で作業風景を見ることができ、素敵なデザインのシルバーに囲まれて、もちろんお買い物もできるお得感いっぱいの体験です。

 

レクチャー当日の展示の様子

子供たちにはレクチャーを聞くだけではなく、展示を見たり触れたり、体験してもらうことで、理解を深めてもらいます。子供たちの生き生きした表情や反応に触れるのが楽しみです。

 

 

 

ジャワガムラン観覧

ジャワガムランを鑑賞、さらには、演奏者から直接ご指導いただき、ガムラン奏者になりきって実際に曲を弾いてみました。ヘリテイジならではの貴重な体験です。

 

 

メンバー一緒に「トゥンペン」を試食

レクチャーで紹介したインドネシアの伝統的なお米料理「トゥンペン」をメンバーみんなでいただきました。レクチャー後、ほっと一息の楽しい時間です。

 

 

 

私たちは「奥深く豊かなインドネシア文化を学ぼう!」を合言葉に活動しています。
日本人のみならず日本語を話すことができる外国人のメンバーの参加も大歓迎です。

ご連絡をお待ちしております。 japanesesection@heritagejkt.org

ブログ、フェイスブックもご覧ください!!

ブログ:

http://heribou.exblog.jp/

フェイスブック:

 

 

日本支部

 

IHS Japan Branch Photo1

東京のインドネシア大使館にて (左から、駐日インドネシア大使、メンバー3名、公使参事官)

IHS日本支部は、日本とインドネシアの国交樹立60周年を迎えた2018年に設立されました。ジャカルタに本部を置くIndonesian Heritage Societyの海外ブランチ第一号となります。

 

世界で最多のイスラーム人口を抱えながらも、カトリック、ヒンドゥー教、仏教などさまざまな宗教が共存する国であること。「現代の恐竜」と名高いコモドドラゴンをはじめ、大小13000以上の島々に325000種もの野生動植物が生息していること。インドネシア人は、私たち日本人に負けず劣らずお米好きで、ごはんとおかずをチャンプルー(混ぜる)して食べる文化があること……。

 

日本との思いがけない共通点、そして相違点も含めた理解を深めながら、まだまだ知られていないインドネシアの多様性とその魅力を、未来を担う若い世代中心に伝えていくことが私たちのミッションです。

 

現在、以下のような活動を行っています。

 

【活動内容】

1.日本とインドネシアの交流を担う次世代を育てることを目的とした「スクールレクチャー」

2.インドネシア文化、歴史、時事問題を勉強する会、「ブラジャール」

3.その他、インドネシア関連のさまざまなイベントへの参加と協力

 

【実績】

  • 和光大学にて「東南アジアの文化と言葉」のレクチャー(2018年、2019年)
  • バティック研究の第一人者、戸津正勝教授による「ジャワ学勉強会」(2019年〜)

 

活動にご興味をお持ちの方は、下記までご連絡ください。

 

連絡先: overseasjp@heritagejkt.org

Comments are closed.